さつきやま 森のようちえんについて


| 園の方針 | 保護者の時間 | 活動場所 | スタッフ | バリアフリー | 見学 | 

〜 信頼 × 冒険 = 子ども本来の力が育つ 〜

【大きな自然が育てる感性】
〜森や畑の命との出会い〜

【挑戦と失敗が育てる自尊心】
〜自分が挑戦する心〜

【けんかと笑顔が育てる人間関係】
〜友達と歩むこと〜

【危険と冒険が育てる体の使い方】
〜体を使って覚えること〜


〜 今やりたいことが、一番目 〜

 子どもたちはその一瞬一瞬でやりたいことが変わります。それを注意力散漫と捉える方もいらっしゃいますが、私たちは次のような要素があるので、その時を大事にしたいと思っています。

 @大人と違って世界中のものが真新しい。
   大人が気にも留めないようなことが、子どもには初めての経験。例えば外国の市場。
  そこに住む人は当たり前だから歩みは早いけど、私たちは見るものすべてが珍しく興
  味が尽きることがありません。子どもたちにとって世界はそんなものだと思います。
 A大人と違う時間を生きている。
   大人の1分は子どもの3分という研究があります。子どもの頃の1年と今の一年。長さ
  が違うように思えます。大人にとっての一瞬は子どもにとっては結構な時間なのかもし
  れません。
 B子どもの仕事
   子どもたちにとって、いろいろなものに触れ、「好き、嫌い」「安全、危険」を蓄える時期。
  多くのものに触れることが必要な時期です。

〜 もっと知りたい方へ 〜


下記をクリックしてください


〜 保護者も一緒に育つこと 〜

親と言っても、子育てを何度も経験するわけでなく、初めてだったり2回目だったり。
悩むこともあるし、情報交換もしたい。そんな場を作り、親も一緒に成長をして行け
るための支援をしています。


【2013年度開催の保護者向けのイベント】

 子育てカフェ
    月に3回定期的に開催。歯科医師、助産師、コーチングインストラクターによる
   小さなお話会。なんでも気軽に聞けるそんな場を作っています。


 コーチング講座
    月に一回程度開催をしています。子育て経験のあるコーチに来ていただき、子
   どもとの関わり方や聞き方などについて詳しく学びます。


 チャイルドマッサージ・ベビーマッサージ
    子どもたちとのコミュニケーションは会話だけではありません。いつまでのお母
   さんが大好きな子どもたちと大切なスキンシップについて学びます。

池田市内の主に2か所の場所を使い活動をしています。また池田駅から徒歩7分のとこ
ろにようちえんハウスが2013年1月にオープンしました。

〜 大阪府池田市 〜



〜 五月山 〜

五月山は、池田駅から北へ大人の足で15分ほど行ったところにあります。景観保護条例があるために昔からの里山が今も残されている貴重な場所。トイレなどもしっかりと整備されているので、安心して遊ぶことができます。

山登りも一人で

細河からの五月山

なんでも遊び道具


五月山の北側に広がる植木の畑。ここが細河地域です。池田駅から10分程度おきにバスが出ており、交通の便も良い場所。梅田まで車で最短20分の場所にありながらも今も、緑と畑を多く残している貴重な場所です。

〜 細河地域 川・畑・田んぼ 〜

園の畑で収穫

泥遊びも


スタッフの役目は見守ること。子どもたちが今一番やりたいと子と見守る。もちろん
安全の基準はある。捻挫や鼻血はゆするけど、骨折や脱臼、障害の残りそうな行
為には止めに入ります。
そのために、日々考え、研修を受けたりしているスタッフです。

〜 見守るスタッフたち 〜


森のようちえんが始まって、息子がやきもちを。息子だろうが他の家の子どもだろうが触れ合いが同じ。子ども達すべてに同じ接し方をしているから。子どもがけんかをしようが怒ることのない太郎ですが、唯一畑の野菜を踏んだりすると怒り出す。そして子どもに「野菜さんが痛がっている。ちゃんとあやまって。」 でもそのあと何のあとくされもなく、また子どもたちと遊ぶ姿に、お母さんたちがびっくり。そんな園長です。

〜 園長 木村太郎 〜

〜 経歴 〜

  エコツアーという自然を体験しながらする旅のプロガイドとして10年以上活躍。
日本エコツーリズム協会の「このガイドさんに会いたい100人」に選ばれる。
  子どもたちへの環境教育のディレクターとして多くのイベントや宿泊体験を取り
仕切る。最長は9泊10日。子どもの成長は大人の成長でもある。そう考え現在も
どんどん成長中です。


〜 メッセージ 〜
  森のようちえんに通うということは、親にとっては一つの大きな挑戦だと思います。
私が森のようちえんを作ったのは、自分の息子に通わせたいようちえんがなかったから。
お遊戯や運動会も大切だと思いますが、それ以上に子どもたちは自然とふれあい、
友達と触れ合うことが一番と考えています。
  何もしない大人たちを子どもたちが見ると、最初は驚きますが、自分の可能性を
探りはじめます。そんな空間をいつでも準備して待ってます。

  私たちはまさに、子どもたちが大人になってからの人格形成のお手伝いをしてい
る気がします。そんな大切な時を子どもたちと過ごせる喜びと、責任を子どもたちと
過ごせば過ごすほど感じるようになてきています。


自然学校などに努めているスタッフや地域に住んでいるお母さんまで、たくさんの方にお手伝いをいただき運営しております。しっかりとスタッフトレーニングをしておりますので、ぜひいろいろなことをお聞きになってくださいね。今後は常勤のスタッフも増えていく予定です。その都度ホームページでご紹介いたします。

〜 サポートスタッフ 〜


園長の木村太郎が、長野県の上高地でのガイドの仕事を辞め、新しい夢を追いかけ
はじめたことが、バリアフリーの自然体験のきっかけとなっています。

〜 バリアフリーについて 〜

〜 2006年の上高地での出来事 〜
 上高地でガイドをやっているところは、舗装された道ではなく山道。あるゲストから電話があった。車いすのご主人と息子さんと一緒にガイドを受けたいという依頼だった。私たちも初めてのケース。福祉関係の仕事をしていた友人に車いすの使い方のレクチャーを受けたり、検討会議を開いたりしたが、結局お客さんの満足いくものが出来ず、受け入れられなかった。
 自然は誰にでも平等なのに、ガイドが障害になることが・・・。

〜2008年に始まったバリアフリーエコツアー 〜
 「すべての人が自然の中で楽しめるように。」を合言葉に自然を体験する旅のプログラムが始まりました。ろう(手話を使う聴覚障害)の友人ができたので手話を教えてもらい、自分がガイドをするときに使うようになりました。現在では、ラフティングやシーカヤックでもろうの方を受け入れています。というよりか、うちのエコツアーはろうの人はどのプログラムにもご参加いただいております。

〜 2012年に森のようちえん開園
 森のようちえんでもその精神は生きています。ろうの子どもでも、自閉症の子どもでも、健常の子どもでも。その子どもに合った育ち方がある。それに寄り添うことが私たちにはできると考えています。初めはお母さんと一緒にかもしれませんが、だんだんと一人で来れる時間が増えたらいいなと思っています。

 すべての子どもたちが自然を先生に成長していける世の中を作っていきます。

開園以来多くの方の見学希望をいただいております。2012年9月から下記のように
見学の際のお申し込み方法などとなります。園のスムーズな運営などの関係上、ご
理解とご協力をお願いいたします。

〜 見学について 〜



入園するかどうかを迷っている方には、見学をしていただけます。ぜひ一度見学をいただきご検討の材料としていただければと思います。ようちえんクラスは月曜日か金曜日。親子クラスは火曜日となります。

【見学に際しての申込みと注意事項】
@定員 1回あたり2組までとさせていただきます。
A期日 ご希望日をお申し込みの際にお伝え頂き、予約いただきます。
B場所 開催場所はその時によって変わります。天候などでの変更もあります。ご了承ください。
      *集合などもその時によって変わります。
C料金 1度目は500円+消費税。以降は1回あたり1500円+消費税。
      *保険代などがかかりますので申し訳ありませんが、ご負担いただきますようお願い
      いたします。
Dお申込方法 下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。
          その際に決まっていましたら希望日とお子様の年齢と性別を明記ください。
Eキャンセル 風邪などでキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。キャンセル料などはかかりません。

〜 入園前見学 〜

森のようちえんに興味があり入園対象者のいない方の見学は下記のようになっております。

【見学に際しての申込みと注意事項】
@定員 1回あたり2組(合わせて最大4名)までとさせていただきます。
A期日 ご希望日をお申し込みの際にお伝え頂き、予約いただきます。
B場所 開催場所はその時によって変わります。天候などでの変更もあります。ご了承ください。
      *集合などもその時によって変わります。
C料金 1回2000円+消費税(お弁当などは持参ください。)
       *見学終了後、質問時間などを30分程度ご用意いたします。
Dお申込方法 下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。
          その際に決まっていましたら希望日と人数、見学の際の聞きたいことをご記入
         ください。
Eキャンセル 風邪などでキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。キャンセル料などはか
 かりません。

〜 一般見学 〜


家族総出で田植え

Copyright(c)2009-2013 EGGS All Rights Reserved

HOME | 株式会社EGGS | エコツアー | 人づくり工房 | ハッピーディズニープロジェクト | 個人情報保護 | お問い合わせ

〜 五月山 森・山 〜

〜 園長 コラムより 〜

さつきやま 森のようちえん新聞 2013年5月号より

2013年1月に池田駅より徒歩7分ほどのところに、園舎のようなものを作りました。私たちは「ハウス」と呼んでいます。通常はようちえんクラスの子どもたちと、お母さんが利用していますが、他にもイベントなどで使用しています。

〜 さつきやま森のようちえん ハウス 〜



ハウスの一室

ハウスは、子どもたちの着替えやお風呂、室内での遊び場となっています。それ以外にはお母さんたちの憩いの場や講習会の会場としても使っています。今後もこの場所を中心にいろいろなことを企画していきます。

  所在地  池田市西本町3−1

  事務局連絡先  050−13−1−9457

月に4回、外部講師による特別クラスを実施しています。
子どもたちの感性を伸ばし、自由に新しいものを生み出す環境を準備しています。
子どもたちも毎回とても待ち遠しく思っている時間です。

〜 外部講師による時間 〜


「もう何度も家で作ってくれます。」
そんな声を毎回届けてくれる教室です。
講師の村上三保子さんは、大阪の堺市
でこの活動を長くやっておられすスペシャ
リスト。包丁の教え方ひとつとっても、
なるほどと感心してしまうほどです。

畑で採れた野菜や安全な食材を使いながら子どもたちは真剣にお母さんのために料理を作ります。
そして食べる時はお母さんも子どもたちも笑顔いっぱいになっているのが印象的な時間です。
 ※アレルギーなどにも対応しています。

〜 子どもカフェ  講師 村上 三保子 〜


画家として活動をしている諏訪正和さんを
講師に迎えて行う芸術・創作の時間。その
時子どもたちが一番やりたいことに焦点を
当てていろいろなものを創りだします。

子どもたちの発想は無限大。その無限の
力を発揮してもらうために、子どもたちに
委ねて作られている時間でもあります。子どもたちは本物の画材や工作道具だけでなく、身近なものを使ったり、森の中で拾ったものを使って自由に作り、描いていきます。

「しゅわわ(諏訪さんのあだ名)。テープ頂戴。」「絵具頂戴」「ハサミ貸して」
毎回子どもたちのその声に優しく答えてくれています。

〜 芸術・創作  講師 諏訪 正和 〜

〜 オトアソビ  講師 橋本 ひとみ 〜

即興演奏家としても活躍している橋本ひ
とみさんを講師に迎えて、子どもたちが
音と遊ぶための時間です。

毎回持ってきてくれる楽器の数は20種
類を超え、さらに子どもたちが簡単に作
れる楽器もその場で一緒に作ってくれま
す。

はじめはただ吹くだけ、たたくだけだった子どもたちにある日変化が。みんなと行進したり、音を合わせたり。だんだんと音遊びから音楽へ変わっていく。そんな瞬間に出会えます。

楽器の使い方がわからなくても子どもたちには関係ないようです。